股関節痛(変形性股関節症)

無痛整体 鈴木薬手院ご案内
股関節痛


あなたの股関節は大丈夫?

股関節痛は、膝痛と並んで、中高年の方にとても多い症状です。痛みが出る前に、きちんとメンテナンスをすることがとても大切です。
痛くないけど違和感がある、歩き方がおかしいと言われた、などがあったら要注意です!!

股関節の歪みチェック


膝立ちした時、足首の開き方が左右で違う


座って体の前で足裏を併せたとき、左右の膝の高さが違う。中心がずれる。

これらに当てはまる人は、股関節に歪みがあります。
写真を撮って、線を引いてみるとわかりやすいです。

今は痛みがなくても、将来的に股関節や膝に違和感や痛みが出る可能性が大きいです。


股関節の歪みを、お尻歩きでチェック!

※痛い時はやらにように!チェックするつもりが、余計傷めてしまいますから!!

  1. 足を延ばして座ります。
  2. 肩の力を抜き、手の平を上にして足の付け根に乗せます。
  3. お尻だけを動かして、前に2mほど進みます。
    ※膝を曲げたり足を持ち上げないように。肩や腕で反動をつけないように。
  4. 2m進んだら、そのまま後ろに下がって、元の位置に戻ります。

 >> 詳しいやり方(動画)はこちらをご覧ください。




股関節に異常がある人は、上手にできないはずです。
下記のようになっていませんか?

  • 斜めに進んでしまう(前または後ろのどちらかに進む時だけ斜めになる場合も。)
  • 肩や腕で反動をつけないと進めない。
  • 足を持ちあげないと進めない。
  • 上半身に力が入ってしまう。(片方の肩が上がる、体がねじれる、腕に力が入って手を足に押し付けてしまう)
  • 前かがみになってしまう。(体が前に倒れる、猫背になる、首をすくめる)
  • 股関節から音がする。(前に進む時だけ、後ろに下がるときだけ、右だけ、左だけ)
  • ちょっとやっただけなのに、ものすごい疲れる

そもそも長座ができない(膝が曲がってしまう。体が後ろに倒れてしまう。)人は、股関節はもちろん、全身に問題ありです。
ただ体が固いだけじゃないの?と思いがちですが、体が固いという事は、関節が正常に動いていない=体が歪んでいるということです。

股関節痛の種類

変形性股関節症股関節痛を引き起こす疾患で最も多いのは、変形性股関節症ですが、その他にもいろいろな疾患があります。

  • 変形性股関節症
  • 先天性股関節脱臼(成人・乳児)
  • 臼蓋形成不全症
  • 外反股
  • ペルテス病(子供特有の病気)
  • 大腿骨頭すべり症
  • 弾発股(弾撥股:だんぱつこ)
  • 大腿骨頸部壊死
  • 特発性大腿骨頭壊死
  • 恥骨骨炎(グロインペイン症候群)
  • 仙腸関節の疾患
  • 股関節頸部骨折
  • 股関節捻挫

など。

症状

当院の患者さんに多い症状。

  • 立っていると股関節に違和感やハリを感じる。
  • 左側だけ痛かったのが、だんだん右側も痛くなり、両側が痛くなると、そのうち左膝も痛くなってきた。
  • 足がむくんでいる。
  • 片側の関節がかたく開きにくい。最近、反対側の足に負担が罹り歩き始め(後方に伸びた時)に痛みがある。
  • 階段をあがる時に片方の膝が外側に行きたがりあがりづらい。
  • 股関節に鈍痛が出ると、肩こりがひどくなる。寝違えで首が動かなくなったり、顔が歪んでしまう。
  • 頭が痛くなる。(頭痛・頭重)
  • 腰痛が出てきた。

その他に、一般的に多い症状として、歩き出しが痛い(動かしづらい)、足が冷える、長距離歩くと痛い、関節の動きが悪くなる、ポキポキ音が鳴る、ゴリゴリ骨がすれる音がする、疲れがたまると痛くなる、寝ているとき足を伸ばすと痛い、などがあります。

痛みの根本原因

股関節は、人体の中で一番大きい関節です。

頭・首・肩・上肢・胴体・骨盤など重みを受けとめ、なおかつ、大きな動きをする関節で、全身の要でもあります。

股関節は骨盤とつながり、骨盤は脊柱(腰椎・胸椎・頚椎)とつながっていますから、体のどこかに歪みがあると、股関節に負担をかける結果となるのです。

股関節の痛みは、股関節にあるのではなく、 原因は他にあって、たまたま股関節に不具合(しわ寄せ)がきたただけです。

ですから、股関節の痛みを改善するには、全身の調整が必要です。

また、スポーツをしていて股関節を痛める人が多いですが、歪みのせいで正しいフォームが取れない状態で繰り返し運動を行うためだと考えられます。

 

オーバーユース・マルユースを起こしやすいスポーツ
ゴルフ、テニス、サッカー、バレエ(ダンス)、スキー、スノーボード、サーフィン など。
フットサル、バスケットボール、卓球 など、体育館でキュッキュと動くスポーツ。

股関節痛の施術

当院では、どういった歪みが原因なのかを見極め、その部分の歪みやこわばりを取り除くように施術していきます。

股関節の痛みに悪影響を及ぼしている主な部位

  • へそ横の筋肉(腹直筋)の緊張
  • 鼠径靭帯の上側と下側のこわばり
  • 股関節周りの硬さ
  • 太もも周辺の筋肉の緊張
  • 肩周りの筋肉の緊張

私は、股関節に相関関係にある肩関節が大事だと考えます。
四足の動物を考えるとわかりやすいと思います。前足と後ろ足で上手にバランスを取って歩いていますね。
人間は四足では歩きませんが、やはり本来の前足である腕・肩でバランスをとることによって歩いているのです。(歩くとき、必ず肩も動きます。)
ですから、肩関節を正常な形に整えることで、股関節もスムーズに動かせるようになっていきます。

当院では、基本的に、痛みの伴う箇所は最後に調整し、身体に負担をかけない施術を行います。
上半身を中心に調整をし、骨盤が揃った段階で、変形していない側を調整していきます。(基本的に、変形している患部は使わずに他の関節で調整していきます。)

施術例

股関節の痛み、首・肩コリ、手足のむくみなどの全身症状と、不妊症で来院した患者さんです。
通院4ヶ月ほどで、妊娠されたと報告がありました。

【施術前】

【施術後】

正座したとき、骨盤の高さが違います。

膝の中心と、顔の中心がずれています。
耳の高さが違います。

骨盤の高さ、ウエストのくびれが ほぼ真っ直ぐに整いました。

膝の中心と顔の中心が少し戻りました。

病院などでの治療は一時的なもの

病院などでは下記のような治療が行われますが、どれも対症療法であり、根本治療ではありません。
痛み止めの投薬、牽引、神経ブロック注射、足底板(中敷き・インソール)、靴底を調整した補高靴
など。

体験談

変形性股関節症 の患者さん

立っていると股関節に違和感やハリを感じて病院へ行ったら、変形性股関節症と言われました。
最初は、左側だけ痛かったのですが、だんだん右側も痛くなり、そのうち左膝も痛くなってきました。…続きを読む

先天性股関節脱臼 の患者さん

1歳前後で両脚の先天性股関節脱臼
左側は関節がかたく開きにくい。最近、足の右に負担が罹り歩き始め(後方に伸びた時)に痛みがある。…続きを読む

義足・股関節痛 の患者さん

4歳の頃から、左足に義足をつけています。左足をかばうためか、右の股関節に鈍痛が出たり、肩こりがひどくなったりします。ひどい寝違えで首が動かなくなってしまったこともありました。 …続きを読む