逆子

無痛整体 鈴木薬手院ご案内
逆子について:妊娠中(産前)の骨盤矯正

逆子について

通常、赤ちゃんはお腹の中で頭を下にしているのですが、逆に足を下にしている場合を、逆子=骨盤位といいます。

赤ちゃんが小さいうちは、子宮の中を自由に動きまわっているのですが、28週を過ぎて、赤ちゃんの位置がほぼ決まってくる時期に足を下にした状態だと、逆子と言われます。

逆子は、出産の時に、一番大きな頭が最後に出てくるために、窒息などの危険があり、帝王切開になることが多いです。

逆子の原因

逆子の原因として考えられるものをあげてみます。

  • 子宮筋腫
  • 前置胎盤(子宮の出口付近に胎盤があり、赤ちゃんが頭を下にできない。)
  • 羊水過多(羊水が多くて、赤ちゃんの位置が安定しない。)
  • 骨盤が狭い。
  • お母さんの体(下半身)が冷えているため、赤ちゃんが頭を下にしたがらない。
  • お母さんの呼吸が浅いため、頭を上にしていても支障がない。
  • お腹周りの筋肉が緊張しているため、子宮が硬くなり、赤ちゃんが身動きが取れない。

通常ならば、赤ちゃんは自然と頭を下にするのが心地よいのですが、何かの原因でその位置が居心地が悪いと逆子になってしまうと考えられます。
逆子体操で一度直ったのに、またすぐに逆子になってしまった、ということをよく聞きますが、逆子の原因は赤ちゃんではなくお母さんにあるのですから、無理やり赤ちゃんの位置を動かしても、お母さんの体を治してあげなければ、また逆子に戻ってしまうのです。

逆子の治療

骨盤は出産が近づくにつれて緩んでくるのですが、骨盤が歪んでいて上手く開いて来ないと、赤ちゃんは頭を下に出来ません。

また、骨盤の歪みは筋肉を緊張させるので、子宮も硬くなってしまいます。

骨盤を正しく矯正することによって、居心地の良い子宮にしてあげれば、赤ちゃんは自然と頭を下にするはずです。

逆子は、出産が近づくほど、直りにくくなります。産婦人科で、逆子といわれたら、できるだけ早く治療を始めましょう!