不育症

無痛整体 鈴木薬手院ご案内
よくある質問 予防体操 患者さんの声ブログ
鈴木薬手院 橋本本院 鈴木薬手院 品川分院 鈴木薬手院 藤沢分院

当院で施術している先生の治療院です▼

仙台 整体 つぼた健康院 岐阜県大垣市 整体 石川手効院

不育症

妊娠はするけれど、流産や死産を繰り返してしまう症状のことを不育症と言います。
3回以上流産を繰り返す場合を、習慣性流産と言いますが、それも、不育症の中に含まれます。

流産には、胎児に原因がある場合と、母体に原因がある場合に分けられます。

胎児に原因がある場合は、多くが染色体異常です。
その場合は、次の妊娠で、胎児に問題がなければ、無事に出産することが出来ます。

しかし、母体に原因がある場合は、何度も流産を繰り返してしまうのです。

主な原因

子宮の異常

  • 先天性 … 子宮の奇形、中隔子宮、子宮発育不全、子宮動脈奇形 など
  • 後天性 … 子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜症、子宮内膜癒着、子宮頸管無力症 など

母体の疾患

黄体機能不全、高プロラクチン血症、血液凝固障害、自己免疫疾患(膠原病)、甲状腺機能異常、糖尿病 など

感染症

クラミジア、梅毒、B群溶連菌、など

夫婦の染色体異常

主要組織適合抗原系(HLA)の類似性が高い場合。ご夫婦どちらかに染色体異常がある場合。


子宮の異常が原因の場合は、一般的には手術や投薬治療を行います。

子宮頚管無力症は、子宮の入り口の筋肉が絞まらない状態なので、事前にそれが変わっていれば、妊娠が判明してから適切な時期に、子宮頚管を縫い縮める手術をすれば、妊娠が保てます。

母体の疾患、感染症も、投薬治療などで対応します。

夫婦の染色体異常の場合は、ご夫婦のどちらかに染色体異常がある場合、習慣性流産になりやすいことが知られています。
また、最近では、ご夫婦の主要組織適合抗原系(HLA)の類似性が高い場合も、流産の可能性が高いことがわかってきました。臓器移植などではHLAの類似性が高ければ高いほど拒絶反応が少ないのですが、妊娠に関しては、逆に、HLAの類似性が高いと、流産してしまう可能性が高くなるようです。

 

整体的な考え

病院でいろいろ検査をしても、原因がわからない場合も多くあります。
そういう方は、体が歪んでいる場合が多いのです。

■骨盤の歪み

骨盤が歪んでいると、子宮は、ぞうきんを絞ったように捻れて歪んでしまいます。
生理不順だったり、生理痛がひどかったりという症状が出ます。
また、骨盤底筋が弱いと、骨盤内の内臓が下がり、働きが悪くなります。

■横隔膜の歪み

横隔膜には動脈が通っているのですが、横隔膜が歪んでいると動脈も捻れて血流が悪くなり、全身の状態が悪くなります。
もちろん、子宮にも影響します。

■首の歪み

横隔膜神経は、頚椎の4番から出ているので、首が歪んでいると、横隔膜も歪みます。
猫背、ストレートネックの方は、頚椎4番が歪んでいるので、その影響で、生理不順や生理痛の方が多いです。


病院で病気と診断されなくても、子宮の状態が悪ければ、着床しづらいですし、妊娠しても流産してしまう可能性が高くなります。
居心地の悪い子宮では、赤ちゃんは育たないのです。

また、やはりご両親とも健康でないといけません。

男性不妊のページにもありますが、男性の精子は日々作られていて、体調によってその質が大きく変化します。
そして、お母さんの体調が悪ければ、せっかく授かった赤ちゃんに十分な栄養が届きません。

当院での治療は、体の歪みを整え、自己免疫力を高める療法ですので、全身の体調が良くなるのが特徴です。
血流が良くなるので、冷えが改善される方が多いです。体が冷えていると体にとって良いことは一つもありませんからね。

体内環境が整うことによって、妊娠し、無事に出産まで進む患者さんが多いです。

不育症は、ぜひご夫婦で体を整えることをおすすめします。


よくある質問 予防体操 患者さんの声ブログ
鈴木薬手院 橋本本院 鈴木薬手院 品川分院 鈴木薬手院 藤沢分院

当院で施術している先生の治療院です▼

仙台 整体 つぼた健康院 岐阜県大垣市 整体 石川手効院