胃下垂・胃アトニー

無痛整体 鈴木薬手院ご案内
胃下垂・胃アトニー

胃下垂

胃下垂

胃下垂は、胃が正常な位置よりも下に下がっている状態を言います。へその辺りや、骨盤の位置まで下がっていることもあります。

胃全体が下がってしまうのではなく、胃の上部は正常な位置で、胃が下の方まで伸びて垂れ下がります。

胃下垂になると、胃のぜん動運動が弱くなり、食べ物を消化しずらくなります。

胃アトニー

胃の筋肉がたるみ、胃の働きが鈍くなる状態を胃アトニーと言います。

胃下垂の人は、胃の機能が低下するので、胃アトニーを併発することが多いです。

胃下垂・胃アトニーの不快な症状

  • お腹が張った感じ
  • 少しの食事で満腹を感じる
  • 食後のむかつき
  • 食欲不振
  • ゲップが出る

主な原因

胃下垂の原因には、内臓を支える筋力の低下があげられます。

胃が下がり気味の状態で、飲みすぎ・食べすぎ、過労、ストレスなどにより消化が悪くなると、胃の中に食べ物が溜まりすぎて重くなり、胃が下がってしまうのです。

胃が下がると、ぜん動運動が弱くなり、さらに消化がしずらくなり、どんどん胃が下がってしまうという悪循環になります。

腹部の手術を行った場合や、出産によって胃下垂になる場合もあります。

胃下垂の人は、痩せ型でいくら食べても太らないと言われますが、消化がうまく出来ないので栄養がいきわたらずに太れないのです。また、やせていて筋肉が少ない人は、内臓を支える筋肉も弱く、胃下垂になりやすいようです。

主な症状

胃下垂は、胃アトニー等の合併症が無い場合は、特に強い症状が無いため、気づかない場合が多く、健康診断などのレントゲンで見つかったりします。

外見上では、おへその上はへこんでいるのに、下腹部が膨らんでいたりします。

また、消化が十分にできないので、栄養が吸収されず、肌荒れなどの症状が出ることがあります。

下腹部に胃が垂れ下がると、胃が冷えてしまい、全身が冷え症になります。子宮や前立腺も冷やされるので、不妊症尿が出にくくなったりします。

腸も圧迫されるので、動きが悪くなり、便秘にもなります。

さらに、胃が下がることで、体の重心が崩れ、姿勢が悪くなります。胃下垂の人は猫背の人が多いです。

胃アトニーになってしまうと、胃もたれ、腹部誇張感、胃痛、ゲップなどの症状が出ます。

胃の機能が低下すると、体は、それでもなんとか食べ物を消化しようと、今度は胃酸を多く分泌します。それによって、胃酸過多になり、胃炎や胃潰瘍になりやすくなります。

胃下垂・胃アトニーと整体

胃下垂・胃アトニーになりやすい方は、

  • 胸椎の8番が歪んでいる(胃の神経)
  • 胸椎の12番が歪んでいる(腸の神経)
  • 痩せている人(腸の働きが悪い)
  • 筋力が弱い人(内臓の筋力も弱い)
  • 自律神経失調症(頭痛・めまい・肩こり・低血圧)の人

が多いです。

※ 痩せている人でも、筋肉を鍛えている方は、胃下垂にはあまりなりません。

特に、下腹部(腹直筋の下部)の筋肉が低下している人と、それに伴って背中が丸い人(猫背)が多いです。

改善策

  • 全身の筋力をつける・・・特に骨盤の周辺(特に腹直筋下部)を鍛える。
  • そして筋力を鍛えながら、食物酵素の多い食べ物(キャベツ・大根・山芋・パイナップル・マンゴーなど)を摂取し、消化をサポートする。
  • 全身の筋肉・骨格の歪みを改善する。

病院での処置は、対症療法のみで、根本的な治療が見当たりません。

当院では、根本原因である全身の歪みを整えていきます。
胃の神経は、胸椎の8番から出ている為、胸椎の歪みを改善することを意識しながら施術します。

脊柱が歪んでいると内臓も歪むのですが、胃や消化器は不調が出やすく、その部分だけ気になってしまいますが、本当は全身の改善が必要なのです。

全身の骨格のバランスを整えることが、胃下垂・胃アトニーの改善の早道です。

腹直筋下部の鍛え方

腹直筋下部のトレーニング
  1. 仰向けになります。
  2. 両脚を立て、手を頭の後ろに添えます。
  3. 頭を上げて、おへそあたりを見ます。
    このとき、腕に力が入らないように注意!

※一般的に言われる腹筋運動…仰向けになって、上体を90度まで起こす運動…は、腹直筋下部にはあまり効果的ではありません。